(6/20 読売新聞 お取り寄せの味 にて紹介。)

 

 

 

にんにんクッキーです。

 

IMG_7584.png

 

 

 


IMG_7584.png

 


伊賀米「みえのゆめ」の米粉と
北海道産石臼挽き小麦全粒粉を使った生地を、
圧搾一番搾り菜種油でカリッと揚げた
小さなしゅりけん形風のクッキーです。


カリカリ、ポリポリ、止まらないおいしさ。
今までになかった“揚げクッキー”という
新しいお菓子ができました。

 

価格 390円(税込)

 

 

 

 

 

 

 
 町野 仁英(愛称まっちん)

三重県伊賀市生まれ。農業の経験をきっかけに
独学で和菓子作りを始め、2004年に「和菓子工房まっちん」を開店。

米や豆や粉のおいしさを生かした素朴な和菓子が評判を呼び、
全国にファンが広がる。

2010年からは岐阜県岐阜市に活動拠点を移し、
柳ケ瀬商店街の和菓子屋「ツバメヤ」の商品開発を手がける。
材料の仕入れ先であった山本佐太郎商店の山本慎一郎と出会い、
2012年より和菓子職人×油屋による『大地のおやつ』シリーズを展開。

全国に“おやつの輪”を広げるべく、おやつ教室や一日喫茶など
精力的に活動中。

純喫茶と人情食堂をこよなく愛する。
著書に「まっちんのおやつ(WAVE出版)」、
「まっちんのかんたん焼きおやつ(マイナビ)」。
 
 山本 慎一郎

明治9年創業、岐阜県岐阜市で140年続く老舗油屋
「山本佐太郎商店」4代目。南山大学経営学部を卒業後、
23歳で家業を継ぐ。

“山本佐太郎”は曽祖父の名前。
戦前は菜種の搾油などを行っていたが、空襲により焼失。
戦後は業務用卸問屋としてさまざまな油や粉、調味料を扱い、
東海エリアを中心に約500店舗と取引を行う。

地域密着の油問屋として信頼を築く中、和菓子職人まっちんと出会い、
油屋の新しい価値を生み出そうと全国に向けて
『大地のおやつ』を発売する。

パワーの源は白ごはん。

ストライプ柄のつなぎ&オーバーオールがトレードマーク。
背中に“LOVE & APPETITE=愛と食欲”を背負い、
今日も笑顔で各地を走り回る。

◆和菓子職人×老舗油問屋の力強くて優しい「大地のおやつ」シリーズ

和菓子職人 まっちん と 老舗油問屋 山本佐太郎商店 が出会い、
「大地のおやつ」が誕生しました。

彼らがめざすのは、三十年後も愛されるおやつ作り。

今の子どもたちが大人になったとき、変わらず安心して
気楽に食べてもらえるおやつでありたい。

だから、からだに優しい素材を使い、そのおいしさを最大限に生かしました。

妥協しない素材選びからはじめています。

 

 

 

  • -
  • 06:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Search

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM